工藤和彦うつわ展 花のアトリエこすもす(金沢)

期間:2019年3月9日(土)〜3月17日(日)
場所:花のアトリエこすもす
〒920-0854
石川県金沢市安江町5−14
   Tel/076-222-8720
営業時間/午前11時〜午後6時

 

 

 

近年、新幹線が開通したことから急速に観光客が訪れるようになっている金沢。


立山、黒部連峰から流れるミネラルを含んだ豊富な水と、暖流と寒流がぶつかる特殊な地形によって、近海には日本屈指の漁場が広がっています。

また、新鮮な食材を活かす料理の技術も昔から研鑽されており、それに合わせて食を彩る「うつわ」にも強い関心を寄せている地域でもあります。

 

山も海も豊かで、伝統文化に造詣の深い金沢の人気に火がついたのは当然と言えるのかもしれません。


金沢で個展をするたびに、この地域が持っている奥深さを感じています。

金沢は伝統工芸に限らず、21世紀美術館などで現代アートも精力的に紹介しています。


その影響もあるのか、金沢での個展では、様々な表現をされている方、個性的なお客様に出会います。

それがとっても刺激的なんです。

毎回個展の会場となっている「花のアトリエこすもす」店主の花人・角島泉さんもとっても個性的で、金沢ならではの異次元の美しい花の世界を作り出されています。


そして、昨年からは「花のアトリエこすもす」の隣にパン屋「ワタナベヤ!」さんがオープン。
大人気の蒸しパンも美味しいのですが、僕が大好きなのはイワシの糠漬けが入ったコンカイワシパン!

これがとってもアメージング!ぜひご賞味ください。

工藤和彦の「うつわ」と「花」と「パン」のコラボレーションをぜひお楽しみください。


3月9日(土)と10日(日)は工藤が会場におります。

 
花のアトリエこすもす
〒920-0854
石川県金沢市安江町5−14 Tel/076-222-8720
営業時間/午前11時〜午後6時

 

<< 工藤和彦×雪ノ浦裕一 二人展 暮らしのうつわ花田(東京) | main | ウラヤマクラシテル春の企画展(旭川) >>
Kazuhiko Kudo, a Japanese potter in Hokkaido

Kazuhiko kudo introduction in English by The Tripout.


ウラヤマクラシテル

http://urayama.org/

工藤和彦のインスタグラム

《個展・企画展情報》
器と花の響演
『北の雅』展 (北海道・愛別)
8月11日から13日




《今後の個展/企画展情報》
  • 企画*粋人館(北海道:愛別)
    8月11日〜13日
  • 企画*ウラヤマクラシテル秋の企画展(旭川)
    9月20日〜10月28日
  • 個展*ギャラリー天心(兵庫)
    10月30日〜11月9日

  • ※展覧会の日程は変更がありますので、ご注意ください。


  • 工藤和彦のホームページ
    Twitter
    Facebook
    mail

                
    記事