Eisuke's Choice 2017 in New York

September 14th to 16th 2017
Sara Japanese Pottery
950 Lexington Ave.
New York, NY 10021
( Bet. 69th & 70th St.)
info@saranyc.com (212) 772-3243
WEB
 

 

 

Handling more than 300 artists that associate with his ceramics store, Hanada picks 150 pieces. It's the 41st year that the Tokyo-based Hanada Pottery will select 150 pieces of pottery that are just about "use". Takashi Yomiya, Kazuhiko Kudo, Yoshinori Izumi, Yutaka Hanaoka, and more a collection showing the true strength and achievement that makes Japan proud. With the distinction of having over 40 year history in Tokyo, Utsuwa Hanada's second generation president, Eisuke Matsui, introduces to New York the works of his favorite ceramic artists! Kazuhiko Kudo Takashi Yomiya Yoshinori Izumi Shoji Yoshioka Osamu Okamoto Yoshida Manabu Yutaka Hanaoka Haruya Abe
(SARA)

 

300名超の作家と共に歩む花田が選ぶ150選
 
本年41年目を迎えた東京、暮らしのうつわ花田が、
まさに「使う」ための焼き物を150点セレクトしました。
余宮隆、工藤和彦、和泉良法、花岡隆ら、
日本が誇る実力派の力作が集います。

 

工藤和彦
余宮隆
和泉良法
吉岡将弐
岡本修
吉田学
花岡隆
阿部春弥

 

(SARA店主より)

Sara Japanese Pottery
950 Lexington Ave.
New York, NY 10021
( Bet. 69th & 70th St.)
info@saranyc.com (212) 772-3243
WEB

 

 

 

<< 工藤和彦作陶展(函館) | main | 工藤和彦作陶展(仙台三越) >>
Kazuhiko Kudo, a Japanese potter in Hokkaido

Kazuhiko kudo introduction in English by The Tripout.


ウラヤマクラシテル

http://urayama.org/

工藤和彦のインスタグラム

《個展・企画展情報》
個展*鉄の扉(仙台)
11月15日〜21日




《今後の個展/企画展情報》
  • 個展*ギャラリー庵(茨城)
    11月3日〜24日
  • 個展*鉄の扉(仙台)
    11月15日〜21日
  • 企画*アートスペース油亀(岡山)
    『朝ごはんオーケストラ』
    11月23日〜12月25日

  • ーーーー2019年ーーーー

  • 企画*暮らしのうつわ花田(東京)
    1月下旬
  • 企画*アートスペース油亀(岡山)
    『コーヒーのための器展』
    2月9日〜3月24日
  • 個展*花のアトリエこすもす(金沢)
    3月9日〜17日
  • 個展*仙台三越美術画廊(仙台)
    3月27日〜4月2日
  • 企画*ウラヤマクラシテル春の企画展(旭川)
    4月20日〜5月13日
  • 個展*ギャラリー唯(京都)
    5月10日〜26日
  • 個展*西武池袋美術画廊(東京)
    6月5日〜11日
  • 個展*たいせつ倶楽部(北海道:上川町)
    6月12日〜23日
  • 個展*ギャラリー集(兵庫)
    6月15日〜23日
  • 個展*札幌三越美術画廊(札幌)
    7月16日〜22日
  • 企画*粋人館(北海道:愛別)
    8月10日〜12日
  • 企画*ウラヤマクラシテル秋の企画展(旭川)
    9月20日〜10月28日
  • 個展*アオキ画廊(小田原)
    10月30日〜11月4日

  • ※展覧会の日程は変更がありますので、ご注意ください。


  • 工藤和彦のホームページ
    Twitter
    Facebook
    mail

                
    記事