小さなギャラリー庵

工藤和彦作陶展が開催されている『小さなギャラリー庵』に行ってきました。
茨木県の下館駅を下車して、歩いて5分ほどの場所にあります。

古民家の雰囲気が漂う素敵な門構えです。
門をくぐると庭があって、母屋に続きます。
手入れが行き届いて清々しさが心地いいです。

母屋の玄関から靴を脱いで入ります。

日本家屋ならではの建物の作りと、工藤和彦のうつわのしつらいが調和しています。
オーナーの水越さんの美意識の高さが伺えます。

普段は生活空間としてしているところを年に10回ほど企画展を開催するために開放しており、その度に展示方法も変えて楽しんでおられるているそうです。
生活空間の中で息づく「美」をテーマに、この「小さなギャラリー庵」を14年前から続けておられ、地方から力強く発信しておられます。

普段は住居空間だけあって、ゆったり、のんびりとした気分になりました。
オーナーの水越さんは、ご自身の中にしっかりと培った独自の美学、美意識があるので、お話を聞いていてとても勉強になりました。
10時30分の開店から、しゃべり続けて、、、、気がつけば20時でした。
来訪されたお客様を交えての「美」の談義。
至極の一日となりました。
工藤和彦の展覧会は26日まで開催しております。

工藤和彦個展『小さなギャラリー庵』
(12/5 - 12/26)


小さなぎゃらりー庵
茨城県筑西市甲74
Tel/0296-22-3589
営業時間/10:30〜18:00
定休日/水曜日
※企画展期間中のみ開放しているギャラリーです。
<< 鑁阿寺を参拝してきました。 | main | アートスペース油亀企画展 「珈琲のための器展」 >>