薪窯づくり14 登り窯 完成しました!

天井部分に粘土と藁を切ったものを混ぜて塗りました。保温のためと、隙間に食い込んで補強にもなります。
また、焼成中にレンガが動いて天井アーチが崩れたら大変なので、仮設に単管パイプを組んで補強しました。

入り口の穴は耐火煉瓦を積んで、しっかり閉じることが出来るように加工します。
 
長い時間をかけて、ようやく薪窯が完成しました。
焚き始めるのが楽しみです。

薪窯づくりのためにご尽力頂いた方々に感謝申し上げます。
この窯と共に創作を励みます。
 
<< 薪窯づくり13 煙突、屋根を突き破る | main | 工藤和彦 自作の登り窯を焚く(初窯1) >>