「d design travel 大分」にて工藤和彦が掲載されています。

日本各地に伝えられている文化や風習、人々の暮らし、そんなその土地の「らしさ」を独自な視点で取材して47都道府県を網羅しようとしている 「d design travel
この度は大分の特集です。
「大分」には個展で度々行くので、読んでいて楽しいです。
実はこの冊子154ページに工藤が掲載されています。

札幌にあるD&DEPARTMENT SAPPORO by 3KG
宮越葉子さんによる取材記事です。

旭川でD&DEPARTIMENT創始者のナガオカケンメイさんにお会いした機会があります。
お話をお聞きして、デザイナーとして地域の再考を軽やかに表面化させる方だなーと思いました。
何よりも、デザイナーとして愛され続けるデザインの本質を追い続ける熱意を感じました。

「デザイン」というものの可能性はこんなにも大きかったんだと気がつかされます。
<< 数寄者 佐藤禎三先生のひな祭り | main | 東日本大震災から4年 >>