三浦綾子記念文学館の夏の親子工作教室をご案内

今年1月に展覧会でお世話になった三浦綾子記念文学館から、企画イベントのご案内がありましたので皆様にもお伝えします。
低学年のお子様がおられる方には、工作の楽しさと北海道の自然を学ぶ事が出来る内容で、夏の思い出づくりに最適だと思います。

見本林の小鳥のための親子巣箱作り教室
 
STEP 1 小鳥の事、巣箱の事、森の事、木の事を勉強します。

STEP 2 巣箱を親子で力を合わせて作ります。(男性ボランティアもいますので女性でも大丈夫です。工具一式は用意します。軍手などはご自分でご用意下さい。)

STEP 3 美味しいランチタイム(お弁当はご持参下さい)飲み物は用意します。

STEP 4 巣箱を見本林の中に取り付けます。(夏休みの宿題としては持ち帰れません。一年間親子で観察して下さい。)

STEP 5 文学館に戻って小鳥を主人公とした心温まる絵本の読み聞かせがあります。

STEP 6 サンタクロースにお手紙を書いてポストに入れます。(子供クリスマス12月15日(日)午後2時からの招待状が届きます。)

STEP 7 三浦綾子の絵本「まっかなまっかな木」(1260円相当)、ヤマガラという小鳥のペーパークラフト、旭川では1店舗でしか手に入らない美味しいドライフルーツの詰め合わせ(500円相当)のプレゼントがあります。(今回だけになるかもしれませんが・・・)

STEP 8 一年後に巣箱は取り外し消毒して持ち帰り自宅近辺の小鳥が来そうなところに親子で掛けてもらいます。
 
こんな一年掛かりのプログラム。きっと楽しい企画だと思います。
参加してみたいという方がおりましたら、お誘い合わせの上どうぞ!
 
参加人数:「小学低学年の方限定」で親子20組(先着順)。要予約
参加費: 親子で1,500円

集合:9時30分 (雨天順延)

参加申込先:三浦綾子記念文学館 
TEL:69-2626 FAX:69-2611(担当:齋藤幹太)
<< 日本橋三越「手取りの良い軽いご飯茶碗展」 | main | サボア・ヴィーブル 工藤和彦個展 >>