企画展『狛犬と対のものたち展』

1月26日〜2月1日     <この展示会は終了いたしました>



松下昌司さん、キムホノさん、工藤和彦、村田森さん、前川幸市さん、大谷工作室さん、6人によるそれぞれの「狛犬」が並びます。
「狛犬」は神の社を守る霊獣ですが、その原点は「獅子」(ライオン)で、百獣の王の力量を見込まれて邪悪なるものの侵入を防ぐものです。
また、「狛犬」は口を開いたものと閉じたものも「2体1対」で並びます。これは阿吽(あうん)といい、宇宙の始まりと終わりを示すものです。
6人の作家が作り出す「狛犬」。憤怒の表情のものから、にっこり笑顔、何を考えているのか不明?というものまで、それぞれの作家の世界観が凝縮されたものが並びます。
是非ご覧下さい。

工藤和彦は北海道の寒さでもどんとこいという剛毛狛犬を作ってみました。


『ホッカイ狛犬』
160(幅)×240(長さ)×240(高さ)mm
※一体のサイズ


『ホッカイ・チビコマ』
手のひらサイズ

そしてまったりくつろいでいるような狛犬も作ってみました


『まったりコマ犬』
手のひらサイズ

その他多数
是非会場でご覧下さい。

トライギャラリーおちゃのみず
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台3-5 
TEL:03-3291-5811
OPEN 12:00〜19:00
会期中無休 (最終日17:00まで)
HP トライギャラリーおちゃのみず
 
<< 子と親と芸術 | main | 三浦綾子記念文学館での展示が紙面で紹介されました >>