花のアトリエこすもす個展 始まりました

「花のアトリエこすもす」さんでの個展が始まりました。
「花のアトリエこすもす」は金沢駅から徒歩で10分ほどのところにあって、そこに至るまで金沢の情緒、食の近江町市場や金沢桐工芸の岩本工房などのアートシーンを楽しめます。※現在、岩本工房では「乙女の金沢展」を開催中です。
「花のアトリエこすもす」は店主の角島泉さんが商う花屋で、歴史的建造物に指定されている木造3階建ての建物の中にあります。
個展会場は3階になっていて、個展期間中は特別に3階に上がることが出来ます。
今回で3回目の個展になりますが、建築に興味を持ってや、昔を懐かしんで来場される方も多くいます。

昔ながらの急で狭い階段を上がって行くと広々とした会場があります。
角島さんが、工藤の制作した花入れに草花を生けておられますので、それもこの個展の見所のひとつです。

 
刷毛目に白樺の灰を釉薬にして施した「白樺刷毛目筒花入」
北海道特有の樹木「白樺」のイメージから作りました。
どのような草花も生け易い花入です。


「白樺刷毛目筒小鉢」
5寸(15センチ)の小鉢で底が平ですので盛り映えします。
側面と内側の刷毛目がお料理の色彩を際立たせます。


「黄粉引大壺」これまでにチャレンジしたことの無い最大級の壷です。
胴幅は50センチあります。
黄粉引は技術的にこれだけ大きなものが出来ませんでしたが、幾度となくチャレンジしてやっと出来上がった一品です。

定番の黄粉引のシリーズ、白樺ホワイト、白樺刷毛目、緑粉引など330点のうつわが揃っています。是非お立ち寄り下さい。

工藤和彦 うつわ展   花/角島泉
2012年10月12日 〜 22日 11時〜19時
花のアトリエこすもす 金沢市安江町5-14 TEL 076-222-8720
角島さんのブログ 「語りかける花たち」
<< 秋の彩り マグカップ | main | 金沢の食  >>