スタジオバンナ 改修工事 その1

営業を辞めてから20年ものあいだ、旭川の郊外に放置されていた 旧旭川温泉を
「スタジオバンナ」として再活用するために、
私は出来るだけ自分たちの手によって、手作りで改修して行こうと考えました。

33年の歳月をかけて作られたシュヴァルの理想宮のように、
時間がかかっても、
その行為そのものを継続して
楽しむ事こそ、モノづくりの醍醐味だと思うからです。

ある意味、この世に完成というものは無いのかもしれません。
物事は瞬間瞬間で変容するものですから、当然か、、、

そういえば、インドに旅行した時に見たエローラの石窟寺院。
あれは300年もの歳月をかけて寺院を石を刻んで作ったんだったけ。
そこまででなくてもいいけど、、

これからの長い歳月、この旧旭川温泉の
建築物と寄り添って行きたいものです。

まずは、
鷹栖神社から神主様を招き、
旧旭川温泉を改修するにあたって地鎮祭を行いました。

お祓い、工事の無事、スタジオバンナの行く末などを祈願しました。



さて!これから!

まずは、旧旭川温泉の玄関ホールの改修。
玄関から出入り出来るようになるのは20年ぶり。



家族や友人たち、大人もちびっ子もスタジオバンナスタッフ

床面積約100屬△泙蠅砲發覆訛腓な建物なので、
廃材のトタンをペンキで塗って空間を仕切りました。
何事も一気にはいきません。

旧旭川温泉は鉄骨の建物(本館)と
木造の建物(別館)の2棟になっており2棟は屋内通路で繋がっています。

本館から入って別館までいくスペースをまずは改修。
<< サボア・ヴィーブル個展 | main | スタジオバンナ改修 その2 >>