工藤和彦(陶)+川北成彦(吹きガラス)展(川越)

期間:7月26日(木)〜 8月5日(日)

場所:はるり銀花

       〒350-0063

       埼玉県川越市幸町7-1 

       陶舗やまわ2F

       TEL&FAX/049-224-8689

       営業時間/10:30〜18:00

     (水曜日は17:00まで)


吹きガラスの川北さんと工藤和彦との2人展になります。

会場の【はるり銀花】さんは川越の古い町並みの中にある陶器店「やまわ」2階にある知るひとぞ知る隠れ家的なお店です。


川越観光も合わせてお楽しみください。


工藤和彦 作陶展(札幌/青玄洞)

期間:7月26日(木)〜 7月31日(火)
場所:青玄洞
   札幌市中央区南2条西24丁目1-10
   tel/fax 011-621-8455

北海道の中でもうつわの専門として知られる「青玄洞」(せいげんどう)での個展です。
工藤和彦の代表的な作風である「黄粉引」(きこひき)はオーナーである太田さんが初個展の折に命名してくれました。
とても縁の深いお店での今回の個展では、近年取り組んでいる花器を中心に定番の食器の数々を揃えました。
花器においては粒子の細かい剣淵粘土に粗い砂粒をふんだんに入れて、信楽の粘土を彷彿させるような肌合いにチャレンジしています。信楽で陶芸の修行をした僕にとって、その感触は懐かしいものです。北海道のやきものを考える上でも試してみたいものでした。ぜひ、手にとってご鑑賞いただきたいものです。
定番のうつわは黄粉引、白樺ホワイト、緑粉引といった作風で小皿から尺皿まで、豆鉢から大鉢まであります。
また、旭川の工藤和彦直営店『ウラヤマクラシテル』で現在開催中の「ちっちゃい花入いっぱい展」から、様々な形のものを特別選抜して個展に加えました。
26日、27日、28日は工藤が会場におります。
気温が高い日が続きますが、それでもさわやかな北海道の夏!おでかけください。お待ちしております。

 

工藤和彦 作陶展(はこだて工芸舎)

期間:7月20日(金)〜 7月31日(火)
場所:はこだて工芸舎
   〒040-0053
   函館市末広町8-8
   tel/fax 0138-22-7706
はこだて工芸舎での展覧会では、近年挑み続けている「緑粉引7寸輪花皿」の完全習得を目標に取り組みました。
この「緑粉引7寸輪花皿」は形の成形が非常に難しく、完成品が20%ほどの超難関であるばかりか、「緑粉引」という黄粉引や白樺ホワイトなどと一緒に焼成できない種類に属しています。
しかしながら、そのフォルムと色合いを気に入ってくださるお客様も多くあるのも現状です。
「緑粉引7寸輪花皿」の成形方法を見直して、今回の展覧会のために制作したところ、なんと90%まで完成率を上げることに成功しました。
ちなみにあとの10%は凡ミスです。
この「緑粉引7寸輪花皿」で「函館名物のイカ刺し」を是非ご賞味ください。
色合いも、形も、バッチリです!
展覧会では「緑粉引7寸輪花皿」以外にももちろん様々なうつわを展示販売しています。
お手にとって、一つ一つご鑑賞ください。
25日には会場に工藤がいる予定です。
はこだて工芸舎
〒040-0053
函館市末広町8-8
tel/fax 0138-22-7706

工藤和彦 ちっちゃい花入いっぱい展(旭川)

期間:7月20日(金)〜 8月27日(月)
   ※火曜日・水曜日・木曜日は定休日
場所:ウラヤマクラシテル
   〒071-8171
   北海道旭川市東山2857-46
   TEL 050-1351-3978
   URL: http://urayama.org/

近年になって、花を生けるのがとっても楽しいです。
自然豊かなところに住んでいても、意識がなければ小さな花には目が止まりません。


花を生けることで、「小さな花」「一枚の葉」「枯れた枝」など、私たちの手の届くところにも、たくさんの素晴らしい贈り物があることに気がつかされます。
花を生けるということは「活かす」ということに繋がります。
私たちと同じように、花を活かすのには水がなくてはなりません。
当然ながら花にとって、水を蓄える花入はとても大事な物なのです。


今展では花が花入を選べるように、たくさん様々な花入を作ってみました。
色は、黄粉引、緑粉引、白樺ホワイト、焼締、黒釉などで、形も砧(きぬた)、瓶子(へいし)、鶴首(つるくび)、下蕪(しもかぶら)、中蕪(なかかぶら)、華瓶(けびょう)、瓢箪(ひょうたん)、筒(つつ)、短頸壺(たんけいこ)、長頸壺(ちょうけいこ)などなどの伝統的な形から、、、、UFO型まで、ありとあらゆる物があります。
服を選ぶように、花の気持ちになって花入を選んでみてはいかがでしょうか。
『花も自分も花入も活かす』
花を生けるということはとっても楽しいのです。


工藤和彦


入場無料  ※ 展示品は即売しております。

ウラヤマクラシテル
〒071-8171
北海道旭川市東山2857-46
TEL 050-1351-3978
※火曜日・水曜日・木曜日は定休日

 

工藤和彦 うつわ展 姫路:ギャラリーとーく

期間:6月14日(木)〜 6月20日(水)
場所:ギャラリーとーく
   〒670-0933
   兵庫県姫路市平野町58
   TEL 079-288-4037

今年、5月の下旬に登り窯を焚きました。 今回は荒々しい土味の表現に取り組んでみました。
16歳の時に信楽の焼き物と出会ったことは、僕にとって衝撃的でした。
あれから32年の歳月が経ちますが、僕の焼き物の骨格となっている部分はやはり信楽の土味だと思います。
鎌倉中期に北海道では焼き物の文化が途絶えましたが、もしその時に信楽から北海道に陶工がやってきたらどういうものを作るのだろう?
そんな事を考えつつ、創作に励みました。
信楽焼特有の石ハゼを彷彿させるように、粘土の中に石を砕いて作った砂を混ぜました。
北海道の大地の力強いエネルギーが醸し出されればという望みを持って、2日間登り窯で焼いてみると、
独特な粉引の風合いになりました。思いがけない収穫です。
ぜひ、会場でご覧になってください。
また、定番の器の数々も展示販売いたしております。
展覧会初日14日は会場に工藤が在廊を予定しています。

お気軽にご来場ください。

ギャラリーとーく
〒670-0933
兵庫県姫路市平野町58
駐車場 平野町パーキング
No.8.10.23
大橋駐車場とーくパーキング
No.15.16.17.18.20.23

工藤和彦 作陶展 東京:西武池袋本店アートギャラリー

期間:2018年6月6日(水)〜 6月12日(火)
場所:西武池袋本店 西武アートギャラリー
   〒171-0022
   東京都豊島区南池袋1-28-1
   6階(中央B7)
   Tel:03-3981-0111
   [月〜土]午前10時〜午後9時
   [日・祝休日]午前10時〜午後8時
   最終日午後4時まで
西武池袋本店アートギャラリーでの個展も4回目となりました。
今回は直前に登り窯を炊き、荒々しい土味の表現に取り組んでみました。
北海道の大地の力強いエネルギーが醸し出されればという望みを持って、粘土に混ぜる砂を大きくしました。
焼きあがってみると信楽特有の石ハゼを彷彿させるような粉引の表情となっています。
大地を雪が覆う北海道の冬の情景が広がっていて、独特な粉引の風合いになりました。思いがけない収穫です。
ぜひ、会場でご覧になってください。
また、定番の器の数々も展示販売いたしております。
期間中は会場に工藤が在廊を予定しています。お気軽にご来場ください。 (19時以降は不在の場合がございます)
 
西武アートギャラリー
〒171-0022
東京都豊島区南池袋1-28-1
会場:6階(中央B7)
Tel:03-3981-0111
[月〜土]午前10時〜午後9時
[日・祝休日]午前10時〜午後8時
最終日午後4時まで

工藤和彦作陶展 京都:ギャラリー唯

期間:4月17日(火)〜 4月29日(日)

場所:〒606-8344
   京都市左京区岡崎円勝寺町91
   岡崎神宮道グランドヒルズ1階
   Tel:075-752-0348
   午前11時00分〜午後5時30分
   最終日午後5時まで

   23日(月)定休日

 

 

京都の中心、平安神宮の近くにあるギャラリー唯さんでの個展です。
目の前には朱色の大鳥居がそびえ立っています。

おかげさまで、近年では京都の老舗料亭からも器のご要望があり、工藤和彦の器を使っていただけるようになりました。
京都の料理店で器を使っていただけるようになるということは器を作っているものとして、とっても光栄なことです。
今回の展覧会では、家庭で使いやすいうつわからプロ好みのものまで揃えます。
お楽しみ下さい。
なお、初日17日は工藤が在廊いたします。

※23日(月)はギャラリーの定休日ですのでご注意ください。

 
ギャラリー唯
〒606-8344
京都市左京区岡崎円勝寺町91
岡崎神宮道グランドヒルズ1階
Tel:075-752-0348
午前11時00分〜午後5時30分
最終日午後5時まで

工藤和彦 作陶展 (名古屋栄三越・美術サロン)

期間:2月21日(水)〜 2月27日(火)

場所:名古屋栄三越・美術サロン
   〒460-8669 名古屋市中区栄3ー5ー1
   名古屋栄三越 7階
   Tel:052-252-1111
   午前10時00分〜午後7時30分

名古屋栄三越美術サロンでの展覧会は今回で2回目となります。
常滑、多治見、瀬戸、などなどのまさしく日本の陶芸の激戦区と言っても過言ではないほどの産地が密集した地域での展覧会です。
それだけに、お客様の陶芸に対する見識は深くて、前回の展覧会では勉強させて頂きました。
逆に、工藤和彦が目指す「北海道の焼き物」への理解も早く、多くの方に関心を持って頂きました。
今回は食器をメインにした展覧会です。お楽しみください。
展覧会会期中21日から25日14時までは工藤が会場におります。

名古屋栄三越・美術サロン
〒460-8669
名古屋市中区栄3ー5ー1
名古屋栄三越 7階
Tel:052-252-1111
午前10時00分〜午後7時30分

工藤和彦×雪ノ浦裕一 二人展 暮らしのうつわ花田

期間:1月24日(水)〜 2月3日(土)
場所:暮らしのうつわ花田
   〒102-0074
   東京都千代田区九段南2-2-5
   九段ビル1・2階
   Tel:03-3262-0669
   Fax:03-3264-6544
   URL:www.utsuwa-hanada.jp
   e-mail:webmaster@utsuwa-hanada.jp
   午前10時30分〜午後7時
旭川で作陶している工藤和彦と岩手県で作陶している雪ノ浦さんとの北国2人展です。
今回で4度目の企画展となります。
実は、雪ノ浦さんは旭川が出身地です。
そういう点では旭川らしさが雪ノ浦さんの作風の中にもあるのかもしれません。
作風は違っていても、なんとなく一緒に展覧会をしていて安心感があります。
食卓でのうつわの相性もいいです。
今回も工藤は様々なうつわを焼き上げました。
近年は型打ちに励んでいます。
「型打ち」とは、石膏型に粘土を当てて変形させたうつわを作る技法です。
ロクロで成形した丸いうつわを六角形や菊形に変形させることができるのです。
数年前まではプロの料理人が好むものでしたが、近年はSNSの影響からかコレクションアイテムとして一般の人にも受け入れられるようになってきました。
様々な形のうつわが食卓の上に並ぶのは、うつわ好きにとって至福のひとときです。

今年、一番目の展覧会となります。
ご高覧いただければ嬉しいです。
24日は13時から、25日は全日、会場に工藤がおります。
 
暮らしのうつわ花田
〒102-0074
東京都千代田区九段南2-2-5
九段ビル1・2階
Tel:03-3262-0669
Fax:03-3264-6544
URL:www.utsuwa-hanada.jp
e-mail:webmaster@utsuwa-hanada.jp
午前10時30分〜午後7時

工藤和彦作陶展(札幌三越美術画廊)

期間:12月12日(火)〜 18日(月)
場所:札幌三越美術画廊
   〒060-0061
   札幌市中央区南1条西3丁目-8
   電話   :011-271-3311
   営業時間 :10:00〜19:00

三越札幌での個展です。

今回の個展は年末での機会を頂きましたので、年末年始に活躍する食器やプレゼントして喜ばれるものなどを揃えてみました。

30センチの大皿にメインを豪華に盛り付け、24センチの皿や鉢などもサラダや煮物などを入れて、21センチの皿か18センチの皿は取り皿に。 料理とうつわでテーブルをアレンジするのが楽しい季節です。

また、ひとりしみじみ、、、、片口とぐい呑みで過ごす年末年始も乙。

展覧会場で色々なストーリーを考えながらうつわを選ぶのは楽しいひと時です。

師走の忙しさの中で、ひと時、札幌三越の画廊にお立ち寄りください。

会場には工藤が全日おります。

工藤和彦作陶展

 

札幌三越美術画廊
〒060-0061
札幌市中央区南1条西3丁目-8
電話   :011-271-3311
営業時間 :10:00〜19:00
WEB

 

Kazuhiko Kudo, a Japanese potter in Hokkaido

Kazuhiko kudo introduction in English by The Tripout.


ウラヤマクラシテル

http://urayama.org/

工藤和彦のインスタグラム

《個展・企画展情報》
ちっちゃい花入いっぱい展
ウラヤマクラシテル【旭川】
7月20日〜8月27日



粋人館企画「北の雅展」
粋人館【北海道・愛別町】
8月11日〜8月13日




《今後の個展/企画展情報》
  • 企画*SARA(ニューヨーク)
    9月20日・21日・22日
  • 企画*ポエティカ工芸展(北海道・長沼町)
    9月21日〜29日
  • 企画*手仕事に遊ぶ錦秋(横浜)
    10月12日〜14日
  • 個展*ギャラリー庵(茨城)
    11月1日〜19日
  • 個展*鉄の扉(仙台)
    11月14日〜20日
  • ※展覧会の日程は変更がありますので、ご注意ください。


  • 工藤和彦のホームページ
    Twitter
    Facebook
    mail

                
    記事