ウラヤマクラシテル春の企画展(旭川)

期間:4月20日(土)〜5月13日(月)
場所:ウラヤマクラシテル
         〒071-8171
         北海道旭川市東山2857-58
   Tel/050-1351-3978
         営業時間/13時〜17時

 

工藤和彦の直営店、ウラヤマクラシテルがいよいよ春になって、オープンします。

今年度は営業時間を13時から17時にしました。

そして、春のイベント開催中は休まず営業いたします。

 

ウラヤマクラシテルの所在地、突哨山(とっしょうざん)はアイヌ語のトゥ ッ・ソ(突き出る・ところ)が語源と考えられています。春になると雑木林にカタクリが咲きほこり、その大群落は素晴らしく、日本最大級のものとして広く知られています。

遊歩道が整備されているので、ぜひ散策をお楽しみください。

 

【春の企画展】

工藤和彦 (うつわ)

時々在廊

新作の作品や定番のうつわ、現在試行錯誤しているうつわなどなど、リアルな工藤和彦の創作活動がご覧いただけます。


小倉猛斗(天然素材の服)

20・21日在廊予定

タイやベトナムで、現地の人たちが綿や麻などの素材から時間をかけて作り出した布から、服を企画制作している。 カレン族の無農薬綿のスカーフ 。 藍染のタイパンツ。 黒檀染のショールなど種類も豊富。 アジアの豊かな自然から生まれた布は着心地がよく、丈夫で長持ち。 年月が経つにつれて風合いが増すのも魅力。


勝水喜一(木工)

20日在廊予定

釧路在住の木工家。 高い精度の加工技術を駆使して、木工の可能性を追求。 原生林より切り出された樹木との語らいから生まれる造形は、圧倒的な存在感を放つ。


白洲千代子(ジュエリー)

※白洲さんのジュエリーは27日からの販売。

27・28日在廊予定

祖父は実業家・白洲次郎、 祖母は文化人・白洲正子。 自由な気風を受け継いだ白洲千代子さんのジュエリーは、どれもが独特の世界観を持っています。


5月14日から16日までお休み。

17日からは常設展示となり、 以後、火・水・木曜日は定休日。

ウラヤマクラシテル
〒071-8171
北海道旭川市東山2857-58
Tel/050-1351-3978
営業時間/13時〜17時
WEB

 


 

工藤和彦うつわ展 花のアトリエこすもす(金沢)

期間:2019年3月9日(土)〜3月17日(日)
場所:花のアトリエこすもす
〒920-0854
石川県金沢市安江町5−14
   Tel/076-222-8720
営業時間/午前11時〜午後6時

 

 

 

近年、新幹線が開通したことから急速に観光客が訪れるようになっている金沢。


立山、黒部連峰から流れるミネラルを含んだ豊富な水と、暖流と寒流がぶつかる特殊な地形によって、近海には日本屈指の漁場が広がっています。

また、新鮮な食材を活かす料理の技術も昔から研鑽されており、それに合わせて食を彩る「うつわ」にも強い関心を寄せている地域でもあります。

 

山も海も豊かで、伝統文化に造詣の深い金沢の人気に火がついたのは当然と言えるのかもしれません。


金沢で個展をするたびに、この地域が持っている奥深さを感じています。

金沢は伝統工芸に限らず、21世紀美術館などで現代アートも精力的に紹介しています。


その影響もあるのか、金沢での個展では、様々な表現をされている方、個性的なお客様に出会います。

それがとっても刺激的なんです。

毎回個展の会場となっている「花のアトリエこすもす」店主の花人・角島泉さんもとっても個性的で、金沢ならではの異次元の美しい花の世界を作り出されています。


そして、昨年からは「花のアトリエこすもす」の隣にパン屋「ワタナベヤ!」さんがオープン。
大人気の蒸しパンも美味しいのですが、僕が大好きなのはイワシの糠漬けが入ったコンカイワシパン!

これがとってもアメージング!ぜひご賞味ください。

工藤和彦の「うつわ」と「花」と「パン」のコラボレーションをぜひお楽しみください。


3月9日(土)と10日(日)は工藤が会場におります。

 
花のアトリエこすもす
〒920-0854
石川県金沢市安江町5−14 Tel/076-222-8720
営業時間/午前11時〜午後6時

 

工藤和彦×雪ノ浦裕一 二人展 暮らしのうつわ花田(東京)

期間:2019年1月31日(木)〜2月9日(土)
場所:暮らしのうつわ花田
   〒102-0074
   東京都千代田区九段南2-2-5
   Tel/03-3262-0669
   営業時間/午前10時30分〜午後7時

 

1976年から東京九段で現代作家のうつわを専門に取り扱っている「暮らしのうつわ花田」さんでの展覧会です。
300名に及ぶうつわ作家とのやりとりを通じて、人々の食卓を豊かにしてきた実績は日本随一のお店と思います。
18年前から工藤和彦もお取引させていただいています。若手からベテランまで幅の広い取り扱いが魅力です。


ここ数年は、岩手県の雪ノ浦裕一さんとの二人展で展覧会を企画していただいています。

雪ノ浦さんは旭川出身ですので、何かとご縁があります。


今回は技術的に向上してきた型打ちの皿や、オホーツクで採取した岩石を生かした渚滑釉(ショコツユウ)などの釉薬もの、定番の器の数々を展示販売いたします。


1月31日(14時以降)

2月1日、2日は会場に工藤が在廊いたします。

 

暮らしのうつわ花田
〒102-0074
東京都千代田区九段南2-2-5 Tel/03-3262-0669
営業時間/午前10時30分〜午後7時
WEB

工藤和彦個展 鉄の扉(仙台)

期間:11月15日(木)〜11月21日(水)
場所:鉄の扉
〒984-0807
仙台市若林区穀町30 Tel/090-8257-1724
営業時間/12:00-19:00
   電話:090-8257-1724 (佐々木)
※企画展期間中のみ開放しているギャラリーです。

 

仙台の住宅街にある「鉄の扉」。玄関はまさしく鉄の扉です。
オーナーの佐々木さんは「食」をキーワードにこれまでイベントスペースを提供してきました。
佐々木さんが集めた沢山のうつわを利用できることもあって、料理雑誌の写真撮影などにも利用されるほどです。
「工藤和彦個展」が鉄の扉では初めて自主企画の展覧会となります。
日常の食卓を彩るお料理、その視点から「うつわ」を見てみようというコンセプトです。
素敵なキッチンとリビングの中で「工藤和彦のうつわ」をご覧いただける貴重な展覧会です。
「うつわ好きの輪を広げたい。」
オーナーの佐々木さんの願いを込めた展覧会です。
豆皿から尺皿まで、小鉢から大鉢まで、豆花入から大壺まで盛りだくさんの内容です。
特に日常的によく使われる4寸から6寸のサイズを充実させています。

「鉄の扉」はいつもは開いていません。「鉄の扉」が開くこの期間にお見逃しなく!
工藤和彦の在廊日は17日(土)18日(日)です。

「うつわ話に花を咲かせよう」(懇親会)
工藤和彦のうつわに盛り付けたお料理を味わいながらのうつわ話の会です。
日時:11月16日(金)19:00 〜 21:00
会費:3000円
定員:20名
お申し込み
メール:platz-k@softbank.ne.jp
電話:090-8257-1724 (佐々木)
(返信をもって受付の確定ですのでお気をつけください)

 

『鉄の扉』
〒984-0807
仙台市若林区穀町30 Tel/090-8257-1724
営業時間/12:00-19:00
電話:090-8257-1724 (佐々木)
※企画展期間中のみ開放しているギャラリーです。

 

工藤和彦個展 ギャラリー庵(茨城)

期間:11月3日(土)〜11月24日(土)
場所:小さなギャラリー庵
茨城県筑西市甲74
Tel/0296-22-3589
営業時間/10:30〜18:00
定休日/水曜日
※企画展期間中のみ開放しているギャラリーです

 

 

「小さなギャラリー庵」は茨城県の下館駅を下車して、歩いて5分ほどの場所にあります。
こぢんまりとした古民家の中を解放して、暮らしの空間で工芸を鑑賞できるギャラリーです。
和風の建物の心地よさを再発見できます。
薪窯焼成の花入や定番のうつわを展示販売いたします。

 

 

小さなギャラリー庵
茨城県筑西市甲74
Tel/0296-22-3589
営業時間/10:30〜18:00
定休日/水曜日
※企画展期間中のみ開放しているギャラリーです。

 

工藤和彦個展 ギャラリー天心(兵庫)

期間:2018年11月1日(木)〜11月10日(土)
場所:ギャラリー天心
   〒675-1114
   兵庫県加古郡稲美町国安1134-1
   TEL 079-492-8870
   ※ 4日(日)・5日(月)は定休日
JR土山の駅から車で15分ほどの場所にある「ギャラリー天心」さんでの個展です。
オーナーの後藤さんは自らの美意識を表現するために、このギャラリーを創造されています。
その美意識の追求は徹底的で、解体された寺の古材を使って建造された建物、作り込まれた庭、茶室など、職人さん達に熱心に伝えて、納得いくまで作業してもらっているようです。

花道の探求も長年しておられていて、ギャラリー内のいけ花は後藤さん自らが行なっています。
後藤さんの影響もあって、僕自身も花道に興味を持つようになりました。
今回の展覧会では、うつわを中心に薪窯で焼いた花入や近年取り組んでいる小さい豆花入をたくさん作ってみました。
テーブルや玄関先などの身近なところに気軽に生ける花入から、緊張感の漂う床の間や座敷にも合わせられる花入が並びます。
最終日の10日に工藤が在廊いたします。
 
ギャラリー天心
〒675-1114
兵庫県加古郡稲美町国安1134-1
TEL 079-492-8870
※ 4日(日)・5日(月)は定休日

蝦夷粉引アイヌ文小壺

登り窯で焼成した小壺です。


室町時代に生産された信楽焼の檜垣文小壺から着想を得ました。

檜垣文とは、壺の肩に×印を連続的に2本の平行線の間に刻んだもので、一説にはしめ縄を表現したものだと考えられています。

 

そもそも、しめ縄は虫やネズミなどから大切な穀物を守くれる「蛇」を形どったもののようです。


いずれにしても壺に刻まれた文様には、人々の祈り、宗教的な意味合いが強く込められていることに間違いありません。

 

一方、アイヌは農耕はしていませんでした。アイヌが一番恐れていたものは伝染病だったようです。

天然痘などの伝染病が蔓延するたびに多くの命が奪われてきました。


アイヌの着衣には襟や袖口にアイヌ文様が描かれていますが、それは邪悪なものが身体に入らないようにと考えた魔除けの意味合いが強いものです。アイヌには「ニマ」と言われる木製の器がありますが、これにも魔除けの文様があります。

 

北海道の陶芸家として
壺に祈りを込めて、文様を刻む。
そうした行為が今の時代にあって、出来るのか。

 

最近、そんなことを考えています。

 

「蝦夷粉引」とは工藤和彦の造語です。

中世に朝鮮半島で発明された「粉引」の技法が、九州、西日本から北上して、、、、ながい時間と日本の歴史を辿って、ついには北海道までたどり着いたロマンを考えて命名しました。

そもそも白くないので、粉引と言ったらおかしいかもしれませんが、、、、

 

僕の中では、北海道らしい野性味のある粉引というのが理想です。

 

カレーとカレーのためのうつわ展(阪急梅田)

期間:8月29日(水)〜9月4日(火)
場所:阪急うめだ本店
〒530-8350
大阪府大阪市北区角田町8番7号
電話06-6361-1381
日〜木曜日 午前10時→午後8時
金・土曜日 午前10時→午後9時

 

 

 

北海道から沖縄まで。全国各地のカレー好きな作り手が61名。
カレーのことを想い、作り上げたうつわと道具が約7,000点超!!
過去最高の規模を誇ります。

お家の定番カレーにピッタリ、丸や楕円のカレー皿。
サラサラのスープカレーもOKな深めのカレー皿。
ドライカレーに似合う浅めのカレー皿。

らっきょうを入れたい蓋付きポット。
ピクルスを盛りたい小皿。
サラダを添えるための小鉢。

デザートに欲しいヨーグルトのカップ。
チャイにはカップ。
ラッシーにはタンブラー。
食後の珈琲ならマグカップ。

忘れちゃいけないスプーンも、
すくいやすさにこだわって。

はたまた、カレー料理のためのうつわも網羅。
カレーうどん、カレー南蛮のための丼。
カレーパンをのせるプレートも登場。
カレー好きにはたまらない!
カレーを楽しむためのうつわが大阪・梅田に大集結します。

※会期中には作品の追加・展示替えもございます。
※作品はすべて展示販売いたします。

出展作家(61名 ほか)

井上尚之(熊本)、内村宇博(愛知)、馬川祐輔(兵庫)、江口香澄(福岡)、江口誠基(福岡)、大隈美佳(神奈川)、大澤哲哉(愛知)、岡美希(大分)、 岡モータース(愛知)、奥山泉(沖縄)、加地学(北海道)、加藤祥孝(岐阜)、金澤尚宜(熊本)、栢野紀文(愛知)、喜多代京子(神奈川)、工藤和彦(北海道)、工房いろは(沖縄)、五嶋竜也(熊本)、許斐良助(熊本)、木ユウコ(熊本)、シマシマポタリ(沖縄)、白神典大(岡山)、末石昌士(熊本)、須賀文子(岐阜)、高力芳照(岡山)、田川亞希(東京)、たま木工(沖縄)、田村文宏(愛知)、寺村光輔(栃木)、遠山貴弘(佐賀)、中町いずみ(富山)、納谷俊徳(福井)、仁城逸景(岡山)、間美恵(滋賀)、八田亨(大阪)、浜坂尚子(愛知)、肥後仁美(大分)、肥後博己(大分)、日高伸治(岡山)、日高直子(岡山)、ヒヅミ峠舎(山口)、平沢崇義(熊本)、古谷浩一(滋賀)、細川敬弘(岡山)、ほりゆめこ(神奈川)、本郷里奈(福岡)、増田光(愛知)、眞弓亮司(熊本)、馬渡新平(北海道)、水垣千悦(大分)、ミヤチヤスヨ(愛知)、武者千夏子(北海道)、矢尾板克則(新潟)、八木橋昇(滋賀)、屋代剛右(岡山)、柳川謙治(栃木)、柳忠義(福岡)、山村富貴子(岡山)、山本泰三(滋賀)、山脇隆(広島)、吉田崇昭(福岡)、ジャパンポーレックス株式会社(大阪)、NAPRON(岡山)ほか。

益子焼、信楽焼、常滑焼、美濃焼、瀬戸焼、唐津焼、備前焼、小代焼、染付、三島、鉄釉、呉須釉、飴釉、粉引、掻き落とし、刷毛目、印花、象嵌、白磁、焼締、貫入、漆器、ガラス、木工、鍛造、型染などなど。
全国各地のカレー好きな作り手が、技法と素材を追求し、カレーのために技を競います。

 
阪急うめだ本店
〒530-8350
大阪府大阪市北区角田町8番7号
電話06-6361-1381
日〜木曜日 午前10時→午後8時
金・土曜日 午前10時→午後9時

 

 

工藤和彦 蝦夷のうつわ展(旭川)

期間:8月31日(金)〜10月8日(月)
場所:ウラヤマクラシテル
   〒071-8171
   北海道旭川市東山2857-46
   TEL 050-1351-3978
   金曜日から月曜日 12:00〜16:00
   ※火曜日・水曜日・木曜日は定休日

工藤和彦による個展。
北海道特有の黄砂の粘土やメノウなどの鉱物、白樺やホタテ貝などの素材、アイヌ文化、を取り入れ、様々な観点から北海道だからこそできる「蝦夷のうつわ」を探る展覧会です。
夏から秋に叙情的に変わっていく野山の草花を、大壺や様々な花器に生けますのでぜひご覧ください。

入場無料  ※ 展示品は即売しております。

ウラヤマクラシテル
〒071-8171
北海道旭川市東山2857-46
TEL 050-1351-3978
金曜日から月曜日 12:00〜16:00
※火曜日・水曜日・木曜日は定休日

 

粋人館企画『北の雅』展

期間:8月11日(土)〜 8月13日(月)
   11:00  〜 18:00
場所:粋人館
   〒0781405
   北海道上川郡愛別町本町174
   tel 01658-6-5077
   WEB 粋人館

花:角島泉 うつわ:工藤和彦  2017年粋人館にて撮影

 

旭川のお隣の愛別町の中心街にある「粋人館」は銀座のサロン・ド・慎太郎の矢部慎太郎オーナーが世界各地で目利きした“慎太郎好み”の骨董や現代作家のうつわを取り入れた割烹料理のお店です。
90年以上にもなる邸宅を温故知新の感覚で改装し、料理には安全安心の地元の食材をふんだんに使い、しかも目を疑うようなリーズナブルな価格を実現させています。
まさに矢部さんの故郷・愛別町への想いが詰まったどこを探しても見つからない料理店になっています。
この粋人館では、工藤和彦のうつわもたくさんお使いいただいています。
毎年、お盆の時期に行われる「北の雅」展は、矢部慎太郎さん監修のもとで、陶芸家 工藤和彦 雪ノ浦裕一さん フラワーアーティスト 角島泉さんによって『北海道での雅(みやび)』を探る展覧会です。
今回で3回目となり、さらにパワーアップ!矢部慎太郎さんが、日本、世界各国で集めに集めた骨董の数々を一挙に展示、販売いたします。
会期中は大変混み合いますので、粋人館でのお食事をご希望の方は早い時間帯にご来店頂くか、ご予約をお済ませの上でごゆっくりご鑑賞下さい。 工藤和彦の定番のうつわは黄粉引、白樺ホワイト、緑粉引といった作風で小皿から尺皿まで、豆鉢から大鉢まであります。 また、旭川の工藤和彦直営店『ウラヤマクラシテル』で現在開催中の「ちっちゃい花入いっぱい展」から、様々な形のものを特別選抜して展示に加えます。
会場には全日工藤が在廊しております。
暑い日が続きましたが、ようやくさわやかになってきた北海道の夏!おでかけください。お待ちしております。

 

粋人館
〒0781405
北海道上川郡愛別町本町174
tel 01658-6-5077
WEB
Kazuhiko Kudo, a Japanese potter in Hokkaido

Kazuhiko kudo introduction in English by The Tripout.


ウラヤマクラシテル

http://urayama.org/

工藤和彦のインスタグラム

《個展・企画展情報》
ウラヤマクラシテル
春の企画展
4月20日〜5月13日




《今後の個展/企画展情報》
  • 個展*ギャラリー唯(京都)
    5月10日〜26日
  • 個展*西武池袋美術画廊(東京)
    6月5日〜11日
  • 個展*たいせつ倶楽部(北海道:上川町)
    6月12日〜23日
  • 個展*ギャラリー集(兵庫)
    6月15日〜23日
  • 個展*札幌三越美術画廊(札幌)
    7月16日〜22日
  • 企画*粋人館(北海道:愛別)
    8月10日〜12日
  • 企画*ウラヤマクラシテル秋の企画展(旭川)
    9月20日〜10月28日
  • 個展*アオキ画廊(小田原)
    10月30日〜11月4日
  • 個展*ギャラリー天心(兵庫)
    10月30日〜11月9日

  • ※展覧会の日程は変更がありますので、ご注意ください。


  • 工藤和彦のホームページ
    Twitter
    Facebook
    mail

                
    記事